故障かな?と思ったら

 
アンプからのノイズ Q: アンプからノイズがでることがありますが、アンプの故障でしょうか?
A: ギター・アンプから発生するノイズではハム・ノイズが一般的ですが、その原因も蛍光灯等の照明器具や電源系統、弦アース不接地、ピックアップやシールドの絶縁不良等 様々な要素があり、結果的に音の最終出口であるアンプのスピーカーから発せられます。本来アンプ自体から発せられるノイズは殆どありませんが、チェック方法としては各種入出力に何も接続しない状態でアンプに電源を入れ、Volを最小にした状態のノイズを確認されることをお勧め致します。その状態で大きなノイズが発生しているようであればお手数ですが一度修理/チェック依頼をお願い致します。
Q: アンプの電源や、スタンバイスイッチのON/OFF時に「ボンッ」と少し大きな音がします。これは機器の故障でしょうか?
A: そのノイズはポップノイズと呼ばれ、多少の差はありますがアンプには現れる症状です。構造上の症状ですので通常故障ではありません。
しかしながら、スピーカーのコーン紙が大きく揺れるようであれば何かしらの不具合の可能性もありますので、最寄の楽器店へお持込頂きチェック依頼をお願い下さい。
ボリューム0でも
音が出る
Q: ボリューム0でも音が出る
A: ツマミを全て0の位置にしても、ギターを弾くとアンプから少し音が出ていますが故障ですか?
A:大小の差はありますが、ツマミを全て0の位置にしても音が少し出ることがあります。
製品特性上のものですので故障ではございません。
クリーンチャンネルの
音が小さい
Q: クリーンと歪みのチャンネルが切り替えできるモデルで、クリーンチャンネルの方が音が小さく感じますが故障でしょうか?
A: クリーンチャンネルは、歪みチャンネルと比べてアンプ内部での増幅率が低いため、全体的に小音量となっています。
FX LOOP Q: FX LOOPを使うとヴォリュームが若干落ちる様ですが故障ですか?
A: いいえ。FX Loop使用時のレベル落ちはどのアンプでも少なからず起こります。
構造上発生する現象なので故障ではございません。
電源ランプのチラつき Q: アンプの電源ON時に灯るランプの明るさが瞬く様にチラつきます。不良品でしょうか?
A: いいえ。設計上の特性であり不良品ではございません。一部のアンプの電源ランプは120V向けのパーツで構成されているため国内の100Vの電圧ではランプがチラつくことがあります。